ON THE NIGHT ( 1993 )
Dire Straits


1, Calling Elvis
2, Walk Of Life
3, Heavy Fuel
4, Romeo And Juliet
5, The Bug
6, Private Invistigations
7, Your Latest Trick
8, On Every Street
9, You And Your Friend
10, Money For Nothing
11, Brothers In Arms
12, Solid Rock
13, Going Home-Theme From The Local Hero




1991年から約1年半に渡るワールド・ツアーのハイライトを収録したヴィデオです。
映像シューティングされたのは1992年5月20日のフランス、ニーム公演と同年5月30日のオランダ、ロッテルダム公演の2箇所です。
基本的には同時発売されたライヴCD[ On The Night ]と同内容ですが、ヴィデオの方が3曲多く収録されています。
ちなみにその3曲はM-5[ The Bug ]、M-12[ Solid Rock ]、M-13[ Going Home-Theme From The Local Hero ]ですが、CDシングル[ Encore ]に全て収録されていますので音だけでもほぼ同内容の演奏が楽しめます。
さて映像ですが前半がロッテルダム、フェイエノールトのスタジアムで、後半がフランス、ニームの円形劇場からの収録です。
ニームでは途中若干雨が降っている様ですが曲が進むうちにいつの間にか止んでいます。

CDとの演奏の比較ですが、殆どの曲は同じ演奏ですが、M-2[ Walk Of Life ]は途中のブレイクで観客を煽る部分等がヴィデオでは短縮されています。


しかしこのヴィデオでの演奏は非の打ち所の無い完璧な演奏といっても良く、後期ダイアー・ストレイツの集大成といっても過言ではないと思います。
メンバーもオリジナル・メンバーのJohn Illsleyを筆頭に、アルバム[ On Every Street ]でもフィーチュアされていた天才スティール・ギター奏者Paul Franklinはどんなタイプの楽曲でもその曲にピッタリの演奏を当てはめノップラーをサポートしています。
また1990年にPaul McCartneyの日本公演でもドラムを叩いていたChris Whittenのタイトかつグルーヴ感のあるドラムや無駄の無い華麗なパーカッションを披露するDanny Cummings、そしてノップラーの信頼も厚いキーボード陣のAlan Clark、Guy Fletcher、名うてのセッション・ギタリストであるPhil Palmerといった鉄壁の布陣でノップラーを支えライヴに臨んでいました。
これで演奏が良くない訳がありません。今までのダイアー・ストレイツのメンバーも良いミュージシャン達ばかりだったと思いますがこのツアーのメンバーはちょっと格が違う感じがしますね。

またM-9[ You And Your Friend ]はCDやこのヴィデオに収められているのでピンとこないかもしれませんが、実はワールド・ツアーを通して数回しか演奏されていないレア曲です。

基本的にCD[ On The Night ]とレヴューが被るのであまり書き加える事が少ないですが、最後にこの映像のDVDはNTSCフォーマット仕様のリージョン・フリーで発売されていますので普通にDVDで鑑賞出来ます。
ただし最近のDVDには珍しく特典映像などは何もありません。ただ観るのみのDVDです。 (T_T)


( by Knopfleri )

個人的評価 ★★★★★ (満点 = ★★★★★)